PVアクセスランキング にほんブログ村

こひー書店(cohii book store)

コーヒー愛好家の大学生です。主に人生の役に立ちそうな事を発信します。本ブログの内容は個人的見解も含まれますのであくまで一説です思考の材料にしてください。お問い合わせkazudasa@gmail.com

「生物」から見ると本当に怖いものは「人間」なんだろう

f:id:kalogchange:20200126121916p:image

 

最近話題となっていたことで、放射線レベルよりも人間がいない場所を好んだ動物たちと言う記事に興味を持ったので紹介します。

 

私たち人間の中には、動物は怖いと思う人が多いと思います。同様で動物も人間が怖いです。

 

その結果、動物から放射性物質よりも嫌われてるのが人間という悲しい現実があります。

 

人間の都合によって動物がどんどん生きにくくなっています。

 

主な様子がNetflixの『Our Planet』でその様子が放映されていました。

 

チェルノブイリ原発事故後に、立ち入り禁止区域で野生生物が繁殖したことが話題になっていました。

 

発表された研究結果には

福島の立ち入り区域でも同じようなことが起きてるらしいです。

 

ってことは、人間がどれだけ地球の環境を破壊にしても、人間さえいなくなれば自然環境は元通りになる方法を見つけるようです。

 

地球にとっては人間は巨大隕石の衝突くらいの災害レベルだと感じますね(汗)

 

イフストーリーで核戦争後に人間が絶滅しても動物たちは生き続けるという展開があるんですが、まさにこの事なんですね。放射線よりも人間の方が動物からすると危険なものなんでしょう。

 

2011年に起こった大きな地震による大津波福島第一原発炉心溶融を起こし、日本政府は放射性物質に汚染された地域(ロサンゼルスほどの広さに匹敵)の人々を避難させました。

 

住民が避難した地域は、滞在可能な区域、一部で立ち入りが制限される区域、高濃度汚染のために立ち入りが禁止される区域に分けられました。

 

「ある程度の野生生物が、たとえ放射線レベルが高くても人間がいない場所を好んだ結果、避難区域での繁殖につながったようです。」

 

研究に携わった福島大学環境放射能研究所のトーマス・ヒントン客員教授はEartherに語っています。

 

「人間と共存するくらいなら放射能と暮らす」

 

ともとれる動物の行動は人類にとって悲しいことです。

 

私たち人間が生きていくため多くの犠牲を払っていることに心苦しく思います。

 

だからこそ、共存していくために私たちは考えなければなりません。

 

今回の結果は、野生生物は人間がいなくなった場所でより繁殖できることを示しています。

 

また、これまでの研究結果では、放射性物質による生物のDNA損傷や生殖機能低下が報告されていますが、今回の研究で集められたデータでは、生物種の個体数レベルでの異常はみられなかったみたいです。

 

森林火災と乱開発の原因になっているアマゾンから、気候危機が激化させた森林火災によって多くの動物を殺しているオーストラリアに至るまで、人間は世界中で動物に大きな困難をもたらしています。

 

人間活動によって多くの生物種が絶滅のリスクに直面しています。壊滅的な絶滅によって、人間の生活がより厳しい状況になるのは避けられません。

 

このとてつもないリスクを防ぐには、少しでも環境に気遣い、人間一人一人しなければならないと思いました。

f:id:kalogchange:20200126121925j:image

さいたま市のホームページに載っていた内容ですが、捨て猫の原因って人間が原因です。猫は繁殖力も強いです。

 

しかし野良猫の寿命は短く、人間が多い都会では栄養が蓄えられません。その結果短命です。

 

人に飼われている猫は寿命も長いです。生き物を簡単に殺さないでほしいです。育てる人には、最後まで飼育し続け、捨てたら大きな罰則を与えるくらいしなければ人は守らないでしょう。

 

中には、自分の子どもすら育てない人がいますからね。

 

もっと命の大切さを学んでほしいです。

 

お薦めの本

 

 

 

 

参考元

https://earther.gizmodo.com/fukushimas-exclusion-zone-is-being-overtaken-by-wild-an-1840854810

 


 

 

 

 

「新型コロナウイルス」感染の拡大は今後どうなるのか?やっぱりマスクは着用すべき?

f:id:kalogchange:20200125144648j:image

 

日本ではインフルエンザなどが流行している中で中国では、感染の拡大が続く新型のコロナウイルスによる肺炎が猛威を振るっています。

 

現在日本では、武漢から旅行で東京を訪れていた40代の中国人男性が新型のコロナウイルスに感染していることが確認されました。

 

日本国内で確認された感染者は2人目となります。現在、男性は都内の医療機関に入院していますが症状は落ち着いているということです。

 

他にもフランスでも現在3人、感染者が確認されています。武漢の空港が封鎖される直前にパリに向けて離陸した最後の旅客機の乗客らは何の検査もなくノーチェックで空港から出られた模様で、武漢では出る時に軽い検査があったにかかわらず出てきたところが問題ですよね。

 

しかも、フランスではマスクをあまりつけないらしいです。

 

マスク=重い病気の人らしいです。

 

感染の拡大が恐ろしいですね。

 

f:id:kalogchange:20200125144721j:image

中国の保健当局

 

新たに患者が444人増え、1287人になったと発表しました。

 

死亡した人の数も41人となり、感染が一層広がりを見せています。

 

中国の保健当局、国家衛生健康委員会は、新型のコロナウイルスによる肺炎の患者数は

 

24日に新たに444人確認され、患者の数は、中国のほぼ全土にわたる全国29の省や市などで1287人になったと発表しました。

 

患者のうち、症状の重い人は237人に上っているということです。また、死亡した人は、感染の拡大が最も深刻な湖北省で新たに15人確認され、合わせて41人となりました。

 

さらに、中国の国営メディアによりますと、新型のコロナウイルスの対応に当たっていた湖北省武漢の病院に勤務する62歳の医師が新たに死亡したということです。感染拡大が止められない状況というわけです。

 

中国では、旧正月の「春節」に合わせて、24日から1週間の連休に入っています。

 

その影響で感染拡大を抑え込もうと、北京にある世界遺産故宮や上海のディズニーランドなど、各地の人気の観光地が一時的に閉鎖されたり、人が多く集まる催しが相次いで中止されたりしています。

 

せっかくの旧正月ですが、今回の件に関してはこれ以上の感染拡大は危険なので、やむ終えないですね。

 

 

感染が急拡大している新型コロナウイルスについて、「感染源がヘビである」という論文が発表され、話題となっています。

f:id:kalogchange:20200125144731j:image

ウイルスのゲノム配列を解析した結果だというが、専門家からは反論が続出しているそうなので本当の感染源は、まだ判明に時間がかかりそう。


ウイルスの正確な感染源を突き止めることは、種を越えた感染を将来的に防止するための最優先課題です。

 

今回のウイルスが突然変異を起こして、さらに感染を拡大させればゾッとします。

 

2003年にSARS重症急性呼吸器症候群)が中国の同地域を襲ったときは、ヒトへのウイルスの感染源となったハクビシンを市場から排除したことで、集団感染を完全に封じ込めることができました。

 

やっぱり感染源を排除することが重要ということです。

 

感染対策はどうしたら良いのでしょう?

 

マスクって効果あるの?

f:id:kalogchange:20200125144800j:image

マスク(医療用)は、18世紀後半に病院で導入されました。

 

しかし一般には、1919年に5000万人以上が亡くなったスペイン風邪が大流行するまで、使用されていませんでした。

 

BBCが取材したところ英ロンドン大学セント・ジョージ校のデイヴィッド・キャリントン博士は

 

「一般向けのマスクは、空気によって運ばれるウイルスやバクテリアの予防には効果がない」

 

と指摘しています。

 

一般向けのマスクは隙間が多すぎ、空気フィルターもなく、目も防護されないためだという。またキャリントン博士によると、「ほとんどのウイルス」が空気によって運ばれています。

 

一方で、噴出に直接触れないことでウイルスの感染リスクを下げたり、手に付着したウイルスを口から体内に入れてしまうのを防いだりすることはできるそうです。

 

ベルファストクイーンズ大学のコナー・バンフォード博士は、「簡単な衛生対策を行う」方がより効果的だと指摘されました。

 

「くしゃみをするときに顔を覆うこと、手を洗うこと、洗う前の手で顔を触らないこと。こうした手法がウイルス感染のリスクを下げることにつながる」

 

 

イギリスの国民保健サービス(NHS)は、インフルエンザなどのウイルス感染を防ぐ方法として、以下の3つを重要視しています。

 

  • ぬるま湯と石けんで定期的に手を洗う
  • なるべく目や鼻を触らない
  • 健康的な生活を維持する


イングランド公共衛生庁で新興感染症人獣共通感染症部門を束ねる

 

ジェイク・ダニング博士は

「マスクの着用が有効かもしれないという見方があるが、実際には、病院環境以外での使用で大きな恩恵があるという証拠はほとんどない」

と指摘しています。

 

要するに、一通り感染予防になることはしておいた方が良さげですね。

 

風邪予防

睡眠の質を上げて感染症対策

無理せず休もう

 

 

 

 

参考元

 

https://www.asahi.com/articles/ASN1S73N4N1SUHBI02N.html

 

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-51232723#?xtor=AL-%5B72%5D-%5Bpartner%5D-%5Bsmart.news%5D-%5Bheadline%5D-%5Bnews%5D-%5Bbizdev%5D-%5Bisapi%5D

 

東出さんそれはダメよ!「不倫は死刑だった?」杏さんに喧嘩を売ったあの二人はどうなるのか?

 

f:id:kalogchange:20200124165458j:image

 

やっぱり文春砲が炸裂してしまう「不倫騒動」

 

俳優:東出昌大さんと清純派女優:唐田えりかによる不倫が話題となってます。


情報によると東出さんは、2018年公開の映画『寝ても覚めても』にて、唐田さんと共演し急接近。

 

2人は撮影終了後も映画のプロモーションなどで行動をともにし、そのアツアツぶりは関係者の間で話題になっていたそう。

 

また、映画の取材インタビューでは、唐田が『10代最後の夏、大恋愛しました』という意味深コメントまでしていたみたいです。

 

まあ、世間が杏さんを味方する理由が明確ですね。

 

東出さんの奥さんは杏さんって有名な話ですよね?

 

しかも、おしどり夫婦で有名です。

 

唐田さんは杏さんに喧嘩を売ってますよね?

f:id:kalogchange:20200124172311j:image

多分みなさんが怪しいと感じ始めたのは、東出と唐田が愛を深めた映画「寝ても覚めても」は、18年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、現地のレッドカーペットにも登場。その際の2人の行動が、おかしいと話題に。

 

唐田さんはロングドレスで登場したのですが、階段を登る際に裾が靴にまとわりつき、身動きが取れなくなるという場面があり東出は、彼女を右手で支えながら、左手で裾を持ち上げ、エスコート。ここまでは「紳士的でかっこいいやん東出」と思う人多いかと……

 

しかしこの時、彼は右手で唐田の腰ではなく、ヒップあたりをずっと支えていたのです。

 

共演者とはいえ、この距離感は近すぎると当時、一部ファンの間で話題になっていました。 

 

杏さんブチ切れて当然でしょう。

 

わりと前から不貞していたという報道が事実であれば、すでにこの時から東出は、唐田のピチピチなヒップをプライベートで揉みまくっていた可能性があります。

 

Twitterでは?

 

*共感笑笑

 

 

 

杏さんも女優で経済力はもちろん、頼り甲斐があって良い奥さんだと思います。なのに不倫…

 

基本的においらは不倫騒動とか興味ないんやが今回は連続テレビドラマ小説「ごちそうさん」がわりと面白かったんで結婚された当時、(仮)ファンとして応援していましたが東出さんには残念です。

 

 

不倫について

f:id:kalogchange:20200124172311j:image

みなさんも「不倫はダメ」というのは共通認識として持っている方が多いと思います。

 

では、なぜ不倫はダメなのでしょうか?不倫は犯罪なのでしょうか?

 


不倫は犯罪なのか、不倫がバレるとどんなペナルティがあるのか、について説明します。

 

一応、不倫っていうのは犯罪ではありません。


不倫は犯罪ではなく、不法行為です。

 

そもそも「犯罪」とは何か、というと「刑法を違反し、刑罰対象となる行為」のことです。不倫については刑法で定められておらず、罰則もありませんから、犯罪とは言えないのです。

 

不倫は罰則規定はありませんが、損害賠償の対象にはなります。

 

民法の709条と710条には、「不法行為による損害賠償請求ができる」と記載されています。不倫は、この「不法行為」にあたると解釈され、損害賠償請求の対象となるのです。

 

不倫は、犯罪ではなく不法行為にあたり、損害賠償の対象となります。

 

法律上の「不倫」とは、「配偶者のある人が、配偶者以外の異性と、自由意思で肉体関係をもつこと」を指します。

 

つまり、ここでは、同性愛者のことはまったく触れられていません。

 

妻が家庭の外で他の女性とラブホテルに行っていたとしても、不倫とはみなされないということです。

 

また、「肉体関係を持つ」ことがポイントです。いくら東出さんはどうなのかな?

 

今回は、不倫が犯罪かどうかという説明でした。


不倫は犯罪ではないため、「禁固何年」など刑に処されることはありません。

 

江戸時代で不倫すると……

f:id:kalogchange:20200124172332j:image

不倫に対する処罰ですが、江戸幕府の定めた「御定書百箇条」には「密通いたし候妻、死罪」とあって「密通の男」(不倫相手)も死刑とされていました。

 

さらにスゴいのは、浮気された夫は、妻とその相手を殺しても「罪を問わない」と、私刑を許していたそうです。

 

現時代では、肉体関係を伴う不倫がバレた場合には、賠償請求される可能性が多いにあります。

 

不倫がバレたら、不倫した当事者および不倫相手は、慰謝料を請求される可能性があります。

 

それだけではなく、会社での地位が脅かされたり、最愛の家族を傷つけ失う可能性や、子供に会えなくなる可能性、経済的に貧困に陥ってしまうリスクまであるのです。

 

ですから、不倫は、法律上は犯罪ではないとはいえ、かなりリスクの高い行為だと言えるでしょう。

 

不倫の誘惑に負けそうになったときは、自らの行っていることが不法行為であり、バレたら損害賠償対象になる行為でもあるということ思い出すべきでしょう。東出さん…

 

まあ、今回の件は杏さんは全く悪くないと思うんですが、最終的には夫婦で決められる事なので温かい目で東出さんをみてあげたいです。

 

もちろん唐田さんは干されて当然です。

 

参考元

https://www.asagei.com/excerpt/141823

 

 

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」"書評"要約とかを読むよりも本書を読んで欲しい

 

こんにちは!今回やっと「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」を読むことができたので、紹介していきたいと思います。

 

f:id:kalogchange:20200123201741j:image

 

 

本書は反骨精神いっぱいの母ちゃんとエスカレーターに乗って平穏なエリート中学に進むのを拒み、中学に入学したクールな息子の日々の闘いと成長を描いた落涙必至の等身大ノンフィクションとなっております!

 

ノンフィクション好きで著者の名前を知らない人はいないくらい有名な方です。

 

ブレイディみかこさんは地元福岡の進学校を卒業後、音楽好きが高じてアルバイトと渡英を繰り返し、英国で保育士資格を取得、「最底辺保育所」で働きながらライター活動を開始。

 

2017年に『子どもたちの階級闘争−ブロークン・ブリテンの無料託児所から』で新潮ドキュメント賞を受賞されました。ここ数年、注目を集める人物です。

 

本書は彼女がこれまで書いたものの中で、もっともプライベートな色合いの濃い一冊です。

 

彼女は英国南部のブライトンという街で、アイルランド出身で大型ダンプの運転手をしている配偶者とともに20年以上前から暮らしています。

 

ふたりの間には中学生の息子がいまして、彼が本書の主人公です。

 

子どもの世界は、大人の世界を鏡のように映ります。英国在住のブレイディみかこ氏が綴る息子の中学校生活には、大人社会の複雑さがそのまま存在しています。

 

たとえば、ダニエルはハンガリー移民の両親を持つが、自らも移民に人種差別的発言をして生徒たちと衝突します。ティムは貧しさから食べ物に困り、学食で万引きを働く。

 

著者の息子は、名門カトリックの小学校から、「ホワイト・トラッシュ(白い屑)」と差別語で呼ばれる白人労働者階級が通う中学校に進学しました。息子は英国で育っているが、東洋人の顔をしていて、そして体も小さい。

 

いじめられないか、変化についていけるか、と両親は心配したが、彼はじつにたくましくさわやかにスクールライフを楽しみ、学級委員まで務めました。

 

ジョークまじりで読みやすい語り口ながら、著者の言葉には生活の確かな気配と、鋭い考察が共存しています。たまに笑ちゃう場面もあるので人が多いところで読むと変人に思われてしまうので注意を……笑笑

 

f:id:kalogchange:20200124111352j:image

 

本書の構成

 

はじめに 
1.元底辺中学校への道 
2.「glee/グリー」みたいな新学期
3.バッドでラップなクリスマス
4.スクール・ポリティクス
5.誰かの靴を履いてみること 
6.プールサイドのあちら側とこちら側 
7.ユニフォーム・ブギ
8.クールなのかジャパン 
9.地雷だらけの多様性ワールド
10.母ちゃんの国にて
11.未来は君らの手の中
12.フォスター・チルドレンズ・ストーリー
13.いじめと皆勤賞のはざま
14.アイデンティティ熱のゆくえ
15.存在の耐えられない格差
16.ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとグリーン
 

 

 

ストーリー

 

息子と友人たちの熱い青春の日々を追ううちに、英国のブレグジットという選択の背景や、英国社会の分断が手に取るように伝わってきます。さらに英国に限らない、日本が、世界が抱える現代の社会問題が立ち現れてストーリーが進んでいくわけです。

 

息子くんは市の学校ランキングで常にトップを走っているようなカトリックの公立小学校に通い、生徒会長まで務めたが、中学校は自宅から近い学校を選びます。

 

そこは上品なミドルクラスの優等生が集まる学校ではなかったんです…。

 

いじめもレイシズムも喧嘩もある、人種や格差もごちゃ混ぜの、英国社会のリアルを反映したような「元底辺中学校」でした。本書はそんな学校に通い始めた息子くんの1年半の記録です。

 

これがもう、読み始めたら止まらなくてとにかく面白いんです笑。

 

読者は間違いなく変わった主人公のファンになってしまいます。

 

英国では、公立でも保護者が子どもを通わせる小中学校を選ぶことができます。当然のことながら人気校には応募が殺到するのだが、定員を超えた場合は、校門から児童の自宅までの距離を測定し、近い順番に受け入れるというルールになっているそうです。

 

このため、わざわざ学校の近所に引っ越す人が出てくるらしい。するとそうした地区ほど住宅価格は高騰し、そうでない地域との格差が進んじゃいます。

 

著者が暮らすのは「荒れている地域」と呼ばれる元公営住宅地にあります。

 

「元」がつくのは、サッチャー政権時代に公営住宅のほとんどが払い下げになったためで、この結果、不動産屋から購入できた人もいれば、相変わらず地方自治体に家賃を払いながら住んでいる人もいるという「まだら現象」が進んだそう。

 

中には民間に払い下げようにも評判が悪すぎて売れなかったと噂される公営団地もあり、まだら地区に住む住人たちからも「ヤバい」と言われていたりする。同じ「荒れた地域」でも複雑に入り組んだ構造になってきます。

 

息子くんの通う中学校にはこうした地区の子どもが集まっていて、大人の想像を超えた出来事が次々に起きる。

 

たとえば同級生がレイシスト発言を繰り返して問題になるのだが、発言の主は移民の子だったりする。移民といえば差別される側と考えがちだがそうではない。

 

一口に移民といっても人種も出身国もさまざまです。社会が多様化するとレイシズムにもさまざまなレイヤーが生まれてしまう。移民が移民を差別することだってあるし、中立のつもりでいても、誰かを気づかずに差別してしまうこともあります。

 

リアルな貧困の問題も見過ごせません。息子くんが休み時間に「どんな夏休みだった?」と聞いたら「ずっとお腹が空いていた」と答えた友人がいたという話には胸を衝かれました。

 

2010年に政権を握った保守党による緊縮財政政策によって、毎日を青息吐息で暮らしていた人たちがつかまっていた細い糸が断ち切られてしまいました。満足に食事もとれない子どもも多く、そんな生徒を見かねた先生がこっそりランチ代を渡すことも珍しくないらしいです。

 

本書に登場するある教員は、公営住宅地の中学校の先生たちは、週に10ポンドはそういうことにお金を使っていると話します。緊縮政策で教育への財政支出が毎年のようにカットされる中、現場は心ある人々の努力でなんとかもっているのです。

 

思春期の子どもが向き合うには、あまりに過酷な現実かもしれません。でも本書の主人公は、そんな黒く立ち込めた暗雲を吹き飛ばすかのようなキャラクターです。

 

冷静に事を見極め、自分の頭で考えてから行動を起こします。レイシスト発言を繰り返す同級生には、辛抱強く注意し続けふるまいを改めさせるし、「ヤバい」団地に住む貧しい同級生には、プライドを傷つけないようさりげなく物資を渡し手助けしたりする。本当に頼もしい男です。

 

英国社会の置かれた状況もなかなかハードで、それでもまだ辛うじて社会の紐帯が保たれているように思えるのは、いざ事故や災害が起こった時に、貧しい者どうし助け合うからだ。そうした地べたの団結力は、市民社会の強さを示していると思います。

 

ましてや主人公のように現実とまっすぐに向き合っている子どもたちがいるのです。いたずらに悲観することもないのかもしれません。

 

本書を読みながら、なんども自分の中学生の頃を思い出した。


そこそこに荒れた田舎の中学だったが、不思議と授業の光景は思い出せない。鮮明におぼえているのは、遊びに行った友人の家がとても狭かったことや、遠足の日に弁当を隠しながら食べている女の子がいたことです。

 

あの時生まれて初めてぼくは、社会の現実に触れたのかもしれません。中学生というのはきっとそういう年代なのだろう。

 

著者はオスカー・ワイルドの言葉をもじって「老人はすべてを信じる。中年はすべてを疑う。若者はすべてを知っている。子どもはすべてにぶち当たる」と書いているが、ほんとうにそうだ。子どもたちはこれからさまざまな社会の理不尽にぶち当たっていく。

 

ある朝、早めに家を出たら、登校途中の息子が友人たちと前を歩いています。全員ブカブカの制服を着ているのには笑ったが、跳ねるように歩いていく彼らの背中を見ながら、

 

ふいに「ああ、もう追いつけないのだな」と思った。

 

彼らは大人たちが死んだ後も生きていきます。そしてぼくらが決して見ることのできない未来を見ることができるのです。未来は間違いなく彼らのものです。

 

不甲斐ない大人たちが変えることのできなかった社会の因習や不合理は、彼らが軽々と変えてしまうに違いありません。一抹の寂しさも感じるが、それ以上になんだか晴れやかな気持ちになったそう。

 

子どもたちよ、人種や性別、若さなんて関係ない全力で駆けて行け!大人たちのことなんて気にするな!!読み終えた後、あなたも体の底から沸々と行動したい感覚に襲われます!

 

 

 

感想

私も中学生の頃の自分と主人公の人物像を掛け合わせてみると、若干類似点がありました。よく色んな事にぶち当たっては解決して、またぶち当たっての繰り返しの日々でした。凄く本書は懐かしさを与えてくれたりもします。このブログでは良さを伝えきれないので、一度読んでみては如何でしょうか?

 

 

「液体のり」が凄い!!ガンは治る病気になるかも?でも最先端の治療に期待し過ぎるよりも予防することも大事

f:id:kalogchange:20200123101710j:image

 

 

液体のりの成分が凄いぞ?

 

東京工業大学の野本貴大助教や西山伸宏教授らの研究チームが。市販の液体のりの成分を使い、放射線によるがん治療の効果を高める手法を開発したと23日発表されました。

 

前々から市販の液体のりの成分が白血病の治療に役立つかも?とは耳にした事はあるんですが、まさか治療の効果を大幅に上げてくれるとまで知らなかったので正直、驚きです。

 

しかも、安価に薬剤を作れる手法として、5年以内に臨床試験(治験)を始めるとのことです。

 

昨年の2019年5月に、科学雑誌ネイチャーの電子版に発表された、東京大学アメリカ・スタンフォード大学の共同研究で、のりを使って白血病の治療で重要な「造血幹細胞」を大量に増殖させることに成功したという研究がありまして、

血液の赤血球と白血球を作る造血幹細胞ががん化するのが白血病

 

治療は、患者と適合するドナーの造血幹細胞を移植するのが1つの方法ですが、ドナー不足が課題になっており、造血幹細胞を体外で大量に培養して移植する研究が進められています?

 

しかし、造血幹細胞は、体外でアルブミンなどの物質を使って増殖させると、細胞自体が成長してしまうため、適合しにくくなってしまうという問題があったそうです。

 

f:id:kalogchange:20200123101829j:image

 

今回の研究で、これまで使われていた栄養分の代わりに、のりの主成分である「ポリビニルアルコール(PVAL)」といわれる化学物質を使ったところ、血球を生み出せる赤ちゃん細胞のまま増殖させることが可能になり、白血病の治療に役立と示唆しれました。

 

この研究の過程で、しらみつぶしにいろんなものを試して、液体のりに到達したそうです。

 

小学生の頃、工作とかスライムを作るのにジャバジャバ使ってたあの液体のりが最先端の医療に使われる成分だったとは……とあの頃微塵も思いませんでした(汗)

 

もし、この治療法が世に進出すればもしかしたら数年後にはガンになっても治る確率が大幅に向上するということです。

 

治療の過程ですが、がん細胞に薬剤を取り込ませておき、中性子をあててがん細胞を壊す放射線治療で、薬剤に液体のりの主成分を混ぜると治療効果が大幅に高まることがわかりました。

 

京都大学などとの共同研究成果。がん免疫療法に次ぐがん治療法として期待される「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」に応用し、マウスで効果が確認されました。   

 

小学校の理科の実験でつくったスライムのように薬剤が変化し、がん細胞にとどまりやすくなりがん細胞を小さくすると考えられます。

 

この放射線治療は、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)。国内10カ所弱の施設で臨床試験が進んでいるそうです。

 

ホウ素化合物の薬剤を注射してがん細胞に取り込ませておき、外から中性子を照射して破壊し、正常な細胞へのダメージが少ないことから、次世代の放射線治療として期待されています。

 

しかし、ホウ素化合物ががん細胞から流出しやすいのが課題でした。

 

チームは、ホウ素化合物に液体のりの成分であるポリビニルアルコール(PVA)を混ぜると、スライムをつくるのと同じ原理で分子が長くなることを応用し、がん細胞が薬剤を取り込みやすい形に。

 

f:id:kalogchange:20200123101846j:image

 

その結果、がん細胞の中に入るホウ素化合物の量は約3倍になり、とどまり続ける時間も長くなるのが確認されました。

 

大腸がんのマウスで試したところ、がん細胞がほとんど増えなくなり、「根治に近いレベルを実現」できたという。

 

 東工大の野本貴大助教

「PVAを混ぜるだけなので製造しやすく、実用性は高い。人の臨床応用につなげたい」

と話されたそうです。

 

 

まとめ

 

今後さらに注目すべき内容だと思いました。もし自分が病気になった時に、ある程度知識を持っていれば医師との相談で治療方針を決めたりできます。医療は日進月歩で新しい治療法が次々に生まれています。その全てを一人の医師が把握しているとは限りません。なかなか医師忙しいので勉強に費やす時間も短くなってしまうので、セカンドオピニオンを言うこと最先端の治療を受け回復が早くなるかもしれません。

 

進化していく医療に期待しつつ、最終的には「自分の命は自分で守りましょう!」ってのが日々思うことですね。

 

参考元

 

https://www.asahi.com/sp/articles/ASN1Q6GZJN1QULBJ00H.html

 

仰天ニュース放送により「滋賀県警」批判殺到!?

f:id:kalogchange:20200121232017j:image

 

今回は、昨日から話題となっている仰天ニュースで放送された滋賀県警の冤罪事件について少し言及したいと思います。

 

仰天ニュースは視聴していなかったんですが、Twitterで話題となっていたのでツイートを参考にしたんですが、まぁ炎上具合が半端ないですね…。

 

Twitterでは?

 

 

 

 

 

 

 

Twitterのほとんどは批判がほとんどです。放送後に速攻でTwitterで話題となり、滋賀県警Wikipediaは無茶苦茶に書き換えられています。

 

 

今回の件

 

被害者は詐欺罪に問われ10カ月以上勾留された後、2019年9月に大津地裁で無罪判決を受けた20代の大学4年の男性です。

 

客観証拠がほぼない中、滋賀県警と大津地検が「共犯者」の虚偽供述を別の共犯者に伝えて供述を引き出す強引な手法で、有罪立証に突き進んだとされています。

 

彼自身無罪で何もやってないので調べに黙秘すると

「なんで黙秘すんねん。やってるからやろ」「しゃべれや、うそつくなや」「詐欺は長いぞー、4回は逮捕されるな」などと追及された。それでも黙秘し続け、攻めあぐねた担当の男性刑事は居眠りをし、「調べることがないなら終わって」と男性が起こす始末だった。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/43063より引用

 

内容的に自白させる為に強要してるようにしか思えない。まるで拷問です。警察官は税金で動いている以上、氏名を公表されても恥ずかしくない仕事をしなければいけません。

 

しかも、被害者の男性は就職活動で数社から内定を得ていたそうですが、全部だめになったそうです。そして大学は休学し、留年することになったみたいです。罪を犯していないのに逮捕は4回、勾留は10カ月普通に考えたら地獄の日々だったでしょうね。

 

警察官は人の人生を潰すのではなく、人を助ける仕事をして欲しいです。迷惑をかけた人には謝罪、補償をするのは社会の常識ですよね?

 

それができない検察官、刑事は自ら辞めて頂きたいと思いました。

 

しかし、今回の件をどれだけSNSで叩いても警察は痛くも痒くもありません。なぜなら自分たちが免職されるわけでも減給されるわけでもありませんし、叩くだけ無駄です。

 

それよりも、Wikipediaを無茶苦茶にしたり、意味のない電話をかけまくるのは、どうかと思います。自分に関係ないことでもクレームの電話を入れて、他県の人間が電話をかけ続けて滋賀県民の緊急の電話が繋がらなくなったらどうするのでしょうか。

 

その影響で重大な事件を逃してしまったら警察の公務を妨害しているので立派な罪になります。今回の事件の黒幕と同じ土俵に立たないようにしましょう。

 

人の人生を傷つけているので、個人的にはこの事件の真相を滋賀県警にはぜひ詳しく説明して欲しいです。なんせ現在信頼度ゼロですから

 

こっからは個人的な意見な話で申し訳ありません。歳が一つ上で知っている人が滋賀県警に内定貰った人がいるんですけど、その人は私の所属する部活で重要な役割に就任したのですが職務を放棄します。

 

挙げ句の果てに一つ下の役職についていた私に責任を私に押し付けて勝手に部活を辞めたサイコ野郎でも内定がもらえます。そこで思った事は滋賀県警は人を見る目がないと思っていましたが、見当違いでした。

 

人は似ている人を好む性質があります。つまりそういう集団ということです。

 

中には素晴らしい人もいると思いますし、いて欲しいです。

 

 

 

kalogchange.hatenablog.com

 

 

 

 

【ナイキ】話題の厚底シューズ、選手はそんなに気にしてない?大袈裟に報道しすぎではないか?

f:id:kalogchange:20200120162002j:image

 

厚底シューズ

 

先日から話題の陸上のマラソン長距離界を席巻する米スポーツ用品大手ナイキの「厚底シューズ」を世界陸連が新規則で禁じると英メディアが報じられた。

 

一夜明けた16日、日本の選手、指導者ら関係者にも波紋が広がり話題となっている。

 

19日に行われた全国都道府県対抗男子駅伝では陸上長距離で着用する選手が相次いで好記録をマークしているナイキ社の「厚底シューズ」は、今大会も多くの選手が使用していた。6位の茨城も従来の大会記録を上回る結果となった。

 

世界陸連が使用を禁止する可能性もあり、使用している選手も複雑な状況。

 

東京五輪のマラソン代表を目指し、3月の東京マラソンに出場予定の設楽悠太「ノーコメント。全力で走ることだけ考えている」

 

今注目の東洋大学、相沢選手は「記録は出ているが、頑張っているのは選手。自分はぶれずにやりたい」とした上で、「ナイキも研究してつくった靴。技術の向上を止めると陸上が衰退すると思う」と持論を述べた。選手だけではなく、支える側も進化している。

 

このヴェイパーフライが禁止されようが選手たちにはそんなに影響がないと考える。

f:id:kalogchange:20200120162153j:image

なぜなら陸上競技をやっていて短距離、中距離、跳躍、投擲をやってる人からすれば至極どうでも良いことだ。

 

ラソンをやってる人たちに多少影響は出るかもしれないが、選手たちはプロだ。日々の努力をたかが靴の性能だけに影響されてはならない。

 

個人的見解になるが、ここ数年で日本の陸上競技のレベルが向上している。100m10秒切りが3人2019年サニブラウン選手が日本記録を更新し、走り幅跳びでは城山正太郎が日本記録を更新したり、中学・高校生のレベルも上がっている。

 

今回の厚底シューズが出たこともあって、もしかすると単純に選手たちの競技レベルが上がってるだけかもしれない。

 

 

ちなみに、高性能の用具の登場は、他の競技でもたびたび議論の的になってきている。

 

競泳では、2008年に英スピード社の高速水着レーザー・レーサー」を着た選手が世界記録を連発。

 

騒動の中で北京五輪を迎えたものの、その後規制を求める声が強まり、国際水泳連盟が一〇年から使用を禁止している。

 

一方で、1998年の長野五輪前には、スピードスケートで蹴り出した際に刃がかかとから離れるスラップスケートが急速に普及。五輪で記録更新が相次いだが、こちらは現在も使われている。

 

レーザーレーサーは全身を包み、選手の体型を変えるほど密着感が高く、ひとりでは容易に着られない。しかも1着約7万円もする。「一部ウレタンを含む素材によって浮力が生じることが証明された」のも禁止の決め手だったとされている。そのため、その後、水着の素材は「布地」に限られた。

 

レーザーレーサーの場合は7万円もするから普通に入手するのは難しい。

 

一方でナイキの厚底シューズは、約3万円。市販されているから誰でも買おうと思えば入手可能だ。着脱も容易。そして、足の保護を1つの目的にしているのが特徴でもあるとされている。

f:id:kalogchange:20200120162205j:image

ここで疑問なのは、厚底シューズは陸上のスパイクより高い。スパイクより価格が高い靴に普通の選手が3万円を出してシューズにお金をかけようとは思わない。

 

厚底シューズがここまで話題の理由としてタイミングが悪かったと考えられる。

 

スポーツは、科学技術の発展とともにあり、用具や器具の改良によってスポーツのパフォーマンスも飛躍的に向上してきた。この流れを陸上界は拒絶できるのだろうか?

 

先日に、マラソン世界記録(2時間1分39秒)保持者のキプチョゲ(35)=ケニア=が19年10月に非公認レースで1時間59分40秒を出した時に使用し、前足部にナイキ特徴のエアが内蔵された「超厚底シューズ」

 

ナイキ関係者は禁止報道が出る前、「このシューズを履くことができる選手は、現時点でキプチョゲだけと話題になっていた。

 

次に東京五輪前に五輪ランナーだけに供給する。東京五輪が終わった後に五輪選手以外のエリートランナーに供給する予定」と明かされていた。

 

この非公認の世界記録は「超厚底シューズ」の恩恵だけではなくサポートも充実していた。果たして結果を残せた全てが超厚底シューズだけが原因ではない。

 

しかし、厚底シューズ禁止になるかも?という話題に一番噛み付いてるのは、選手たちではない。外野の人間だ。

 

禁止されても公認レースでは履けないだけであって普通に練習や趣味のマラソンとかでは履ける。

 

進化する用具への対応力

 

レーザーレーサーは着るのに時間がかかったりなど不便があるが、厚底シューズにはない。しかし、これらの用具を使い結果を出せるのは一部の人間だけである。進化しすぎた用具には代償がある。厚底シューズを履きこなすには長距離選手でもそれなりに筋力がいる。普通の人が履いて走ると逆に怪我の原因にもなる。

 

ただ長距離が苦手な短距離タイプの中学生が嫌々、駅伝とか長い距離を走るときに履くとそれなりに筋力があるから楽に走れるかも笑

 

結局は、選手たちの努力次第で結果は変えられる。だからあまりシューズだけに選手が依存する状態になるのはどうかと思う。

 

 

kalogchange.hatenablog.com

kalogchange.hatenablog.com

 

 

 

参考元

 

https://web.smartnews.com/articles/hAoFinLiRq3