PVアクセスランキング にほんブログ村

こひー書店(cohii book store)

コーヒー愛好家の大学生です。主に人生の役に立ちそうな事を発信します。本ブログの内容は個人的見解も含まれますのであくまで一説です。思考の材料にしてください。お問い合わせkazudasa@gmail.com

環境活動家のグレタ・トゥーンベリ2年連続ノーベル平和賞候補にノミネート?「グレタは勇気を与えてくれた、年齢なんて関係ないと」

f:id:kalogchange:20200205154602j:image

 

スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリと彼女が主導する地球温暖化対策を求める運動「フライデーズ・フォー・フューチャー(Fridays For Future/未来のための金曜日)」が2020年のノーベル平和賞にノミネートされたことが正式発表されました。

 

推薦者であるスウェーデン左翼党のイェンス・ホルム議員とホーカン・スフェネリンは、グレタと彼女が推進する運動について

 

「政治家たちを気候変動問題について開眼させるために尽力している」、「パリ協定に合わせて温室効果ガスの排出量を規定の範囲内に抑えようという訴えは、平和のための行いである」

 

と述べています。

 

グレタがノーベル平和賞を受賞するに相応しい功績を残していると強調しています。

 

2018年に温暖化対策を行なわない国や大人に抗議するため、金曜日に学校を休み、たった1人でスウェーデン議会の前でデモを開始したグレタさん。

 

その後、彼女の活動は世界中の若者に支持され、2019年9月に世界各国で開催された環境デモには、400万人以上が参加したとみられます。

 

その後、米Time誌が選ぶ2019年の「今年の顔(Person of the Year)」に選ばれたグレタは、同年10月には北欧理事会環境賞にも選出されました。

 

しかし、後者に関しては、選考委員である北欧議会が、依然、気候変動に対して積極的に具体策を講じておらず、見栄えのためだけに彼女に環境賞を与えようとしたとして反発。

 

「環境活動に対する各賞は、もう必要のないことでしょう。私たちが必要なのは、政治家や、力を持つ人々が今存在する最新で最高の科学に耳を傾けることです」と述べて受賞を辞退。

 

彼女がノーベル平和賞の候補として推薦されるのは、2019年に続き今回が2度目です。

 

昨年の選考では、日本でも、気候変動対策の強化を訴え、デモを開催してきた学生たちが発表の様子をインターネット中継を通じて見守るなど、世間の大きな期待と注目を集めたが落選してしまいました。多くの若者たちが落胆の声を上げました。

 

2020年のノーベル平和賞の受賞者は秋に発表される予定です。

 

 

私が言及できるほど偉い立場ではありませんがグレタさんを非難している人たちは、グレタさんより優れていますか?

 

ネットでは「馬鹿餓鬼がノミネートオワタwww」、「過激な言動すればノーベル賞とれるの?」、「洗脳」とか言ってる人は馬鹿な人が多いのでしょう。

 

じゃあ、貴方はグレタさんのようなことできますか?無理ですよね?このように聞くと話を逸らしたり隠れてナルシストバイアスにどハマりの痛い人たちです。

 

ほとんど妬みなんでしょうが……

 

ほとんどの人は正義を持って発言しているので意見は曲げないでしょうが、ネットで批判するくらいなら自分の人生をもっと楽しむことが良いと思います。

 

口だけで行動しない人たちです。グレタさんとは天と地の差以上あります。

 

"出る杭は打たれる”と言いますがその影響で優秀な人たちが潰されています。

 

70歳まで働ける高年齢者雇用安定法などの改正案、糞みたいな閣議決定しました。

 

そんなことより居眠り国会議員をどうにかしろって言いたいです。

 

 

気候変動の危機は世界中で深刻です。日本ではは四季がなくなりつつあります。急に暑くなったり、寒くなったりとここ数年で変化していると思います。

 

この変化に気づいている人は多いと思います。そして、グレタさんのような勇気ある行動でようやく気候変動の危機を意識するようになったと思います。

 

「グレタさんの活動は偽善ではないか」という反感がありますが、彼女の危機意識に耳を傾けることは重要です。

 

 

ノーベル平和賞の候補の賛否に関しては、他にも受賞に値する素晴らしい人はいます。現時点ではあくまでノミネートなので誰が受賞しても文句のない結果になると良いですが……

 

オススメ本